自作PCのSSDでおすすめしたいCrucial

自作PCのSSDでおすすめしたいCrucial

性能とコスパが良いCrucialのSSD

以前はCrucialブランドはメインメモリに人気や評判の良かったブランドです。しかし最近ではSSDも注目されるようになりました。その理由の一つに値段が高かったSSDにCrucialは安価な価格で市場にSSDを広めたことがきっかけではないでしょうか。CrucialといえばSSDをイメージする人も日本では増えてきました。また各BTOメーカーでもCrucialSSDを利用しているBTOパソコンも増えてきましたね。

 

CrucialといえばMX100

Crucial MX100と言うとパソコンマニアの方なら誰もが知っているSSDではないでしょうか。Crucialブランドの名を広めた製品でもあります。このSSDは今まで高い記憶装置としてユーザー間では手が出しづらかったSSDをハードルの低い商品にかえた革命的なSSDです。

 

当時の話をするとCrucial MX100は大容量サイズのSSDをわずか1万円弱といった形で販売を開始しました。その評価は非常によく安いのに爆速かつ性能も高いSSDといった評判でまたたく間に人気に火がついたのです。Crucial MX100の登場によって今まで価格面でHDDに負けていましたが自作PCユーザーも徐々に手の出しやすい価格帯になってきて普及してきた感があります。

 

CrucialのSSDで売れ筋やおすすめ製品は?

今では様々なメーカーが安くて高性能なSSDを販売するようになりました。しかしユーザーはやっぱりある程度のレベルがないと換装しなくなり、また価格面もコスパの良いSSDが人気を集めています。売れ筋のモデルの前に人気となっている容量ですがSSDの場合は実価格は1万円前後ほどになっている256GB前後のSSDが最も売れ筋になっています。

 

そしてここからCrucial製品に移行しますがCrucialではBX100といった商品がコスパ、性能が良くて人気です。またゲーマーの間ではCrucial MX200などの容量500GBのSSDも人気となります。SSDでは256GB〜500GB前後の容量が最も人気の高い容量となります。

 

例えば50GB前後のゲームであれば10本前後はパソコンのSSDに保存ができることになります。かなりの大容量。そしてSSD+HDDといった組み合わせが人気となっておりゲームやOSなどのシステム関係はSSD、そして画像や動画などはHDDへ保存するのがゲーマーの一般的なストレージ事情となっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ